さかなと鬼太郎のまち 境港市観光ガイド

トリップアドバイザー facebook Twitter
トリップアドバイザー facebook Twitter
  • お店
  • 宿泊・温泉
  • 観光スポット
  • マップ
  • 交通アクセス
  • お役立ち情報

【市】16.井田磐山墓とその遺品

 市指定文化財

 16.井田磐山墓とその遺品

井田磐山墓  <井田磐山墓>
  所在地   境港市小篠津町
  指 定   平成4年6月10日
  種 別   記念物(史跡)
  管理者   幸神町自治会

  
 <遺品>
  所在地   境港市小篠津町
  指 定   平成4年6月10日
  種 別   有形文化財(歴史資料)
  管理者   龍泉寺


 井田磐山は明治9年(1769)大篠津村に生まれ、佐斐神村の井田家に入った。若くして書を好み、書法を求めて京都に上った。
 書の奥義を極めた磐山は、書をもって諸国を尋ね書を教えている。山形県村山市に、その時代の姿を伝える「磐山先生留別書画会」と題する木版刷が残されている。それを見ると、51名に及ぶ子弟たちに囲まれて筆をふるう磐山の姿が描写されており、磐山の教授ぶりをほうふつさせる。
遺品01  磐山の書名はいよいよ高まり、嘉永元年(1848)5月、書をもって法橋の位を授けられた。つづいて同年7月比叡山法曼陀羅院の額を揮毫し、その功によって方眼に叙された。さらに嘉永3年(1850)5月、山門の屏風に揮毫、法印に補され苗字帯刀を許される。書家として破格の処遇を受けている。
 晩年は郷里へ帰り、龍泉寺の寺号、山号をはじめ文久3年(1863)94歳の生涯を終えるまで、雄勁にして力強い作品を多く残している。 遺品02  墓は佐斐神村にまつられていたが、昭和57年米子空港整備にともなって幸神町墓地に移建した。また、磐山愛用の品々は、郷土の文化を彩る遺品である。(遺品は井田欣一家にも保管されている。)

 

境港市の文化財GUIDE BOOK より

 

次へ
 

境港市の文化財にもどる

 

■お問合わせ 境港市教育委員会 TEL 0859-44-2111
掲載者
●著作権について
当ページ上で使用している妖怪の「水木しげるロード」に関する画像やイラストは すべて製作会社ならびに水木プロダクションにご協力いただいている著作物です。
下記のものをコピー・複製・転載することはご遠慮ください。 データの改変、及びその他の目的への利用は著作権の侵害となります。

・ブロンズ像、着ぐるみ、グッズなどの「水木しげるロード」に関するすべての写真
・ゲゲゲの鬼太郎や妖怪など、水木プロのキャラクターに関するイラスト
観光に関するお問い合わせは…
境港市観光協会 観光案内所 
〒684-0004 鳥取県境港市大正町215 みなとさかい交流館1F
TEL 0859-47-0121 
FAX 0859-47-0122 
E-mail info@sakaiminato.net


視察、取材、その他の業務に関するお問い合わせは…
境港市観光協会 事務局 
〒684-0046 鳥取県境港市竹内団地255-3
TEL 0859-47-3880 
FAX 0859-47-3885 
E-mail jimuinfo@sakaiminato.net

水木しげるロード視察のご案内