さかなと鬼太郎のまち 境港市観光ガイド

トリップアドバイザー facebook Twitter
トリップアドバイザー facebook Twitter
  • お店
  • 宿泊・温泉
  • 観光スポット
  • マップ
  • 交通アクセス
  • お役立ち情報

【市】14.景山家墓地

 市指定文化財

 14.景山家墓地

景山家墓地   所在地  境港市中野町 
  指 定  昭和62年3月25日
  種 別  史跡
  所有者  景山孝正



 景山家墓地は、正福寺の北側にある。中野村(境港市中野町)の景山家は、江戸後期寛政年間以降、代々医家であった。この墓地には、景山家歴代の墓がある。
 景山家の初代景山立碩は、京の木島氏に医を学び、すぐれた医術の名声は伯耆・出雲に聞こえていた。師の顧命によって木島姓を名乗り、木島立碩と称し、文政3年(1820)63歳で没した(墓誌)。
 2代景山粛は、初代の甥に当たり、はじめ木島粛または木島立碩と称した。文化年間に京の服部大方に学び、帰郷して文政の頃より医家のかたわら私塾を開いて子弟に教え、文久2年(1862)5月3日に没した。戒名「僲(せん)岳院大圓高徳居士」。
 特筆されることは、景山粛の私塾に学んだ人たちの中から幕末・明治維新に多くの志士が輩出したことである。京の三条家に仕えた富田織部、「名和氏紀事」を著わした門脇重綾、二十士事件の一人佐善元立、京で活動した今小路範成、杵築の国造家に仕え、出雲では希少な勤王家であった松本古堂等があげられる。さらにまた景山粛は「伯耆志」の編者としても知られ、幕末の郷土史におよぼした影響は大きい。
 3代景山龍造は、江戸の梁川星厳に学び、京の三条実万に仕え、のち鳥取藩の学館教授となった。景山塾出身の志士たちとともに、激動の維新史に大きな足跡を残し、明治5年東京で没した。
 4代景山道遠は、明治5年境郷校開設の時初代校長を務め、明治8年皇漢所勤務、明治10年京都府師範学校に転じ、12年に帰郷、明治45年に没した。
 ここ景山家墓地には、代々医業と教育に尽くし、比類のない業績を残した英賢たちが眠っている。

 

境港市の文化財GUIDE BOOK より

 

次へ

 

 

境港市の文化財にもどる

 

■お問合わせ 境港市教育委員会 TEL 0859-44-2111
掲載者
●著作権について
当ページ上で使用している妖怪の「水木しげるロード」に関する画像やイラストは すべて製作会社ならびに水木プロダクションにご協力いただいている著作物です。
下記のものをコピー・複製・転載することはご遠慮ください。 データの改変、及びその他の目的への利用は著作権の侵害となります。

・ブロンズ像、着ぐるみ、グッズなどの「水木しげるロード」に関するすべての写真
・ゲゲゲの鬼太郎や妖怪など、水木プロのキャラクターに関するイラスト
観光に関するお問い合わせは…
境港市観光協会 観光案内所 
〒684-0004 鳥取県境港市大正町215 みなとさかい交流館1F
TEL 0859-47-0121 
FAX 0859-47-0122 
E-mail info@sakaiminato.net


視察、取材、その他の業務に関するお問い合わせは…
境港市観光協会 事務局 
〒684-0046 鳥取県境港市竹内団地255-3
TEL 0859-47-3880 
FAX 0859-47-3885 
E-mail jimuinfo@sakaiminato.net

水木しげるロード視察のご案内